• このページをシェア

ふらの しまのしたおんせん富良野 島の下温泉

広大なラベンダー畑の中に湧く天然温泉

北海道のちょうど中央に位置する「へその町」、富良野。市街地は石狩川支流の空知川と富良野川の合流点に広がっている。十勝岳連峰と夕張山地に挟まれた富良野盆地にあることから、冬の寒さは非常に厳しいことで知ら れている。 よく晴れた冬の朝には、放射冷却によりダイヤモンドダストが見られることもある。キラキラと輝く、その光景は一見の価値あり。夏には、多くの人が富良野と聞けば連想するラベンダーが紫の絨毯のように一面 に咲き誇り見頃を迎える。 露天風呂にその身を浸し物思いに耽れば、ラベンダーの淡い香りが鼻孔をくすぐるだろう。富良野の澄んだ空気とともに思い切り吸い込み深呼吸をすれば、心も身体もリフレッシュする癒しのひとときを過ごせる。

富良野 島の下温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、婦人病、冷え性、皮膚病、痔疾など

源泉温度 9.8℃、pH8.1、湧出量毎分30L、無色透明。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道富良野市

アクセス

  • でお越しの方

    三笠ICから車で約70分

  • 電車でお越しの方

    富良野駅からタクシーで約12分

このサイトをシェアされたい方はこちら