• このページをシェア

ゆもとおびひろおんせん湯元帯広温泉

帯広駅徒歩約3分の立地に湧く温泉

帯広は北海道十勝地方の中心都市であり、農業を基幹産業とした十勝の農産物集積地となっている。また、食料品加工や地元の資源を活かした製造業も盛んである。山岳地帯は日高山脈襟裳国定公園に指定されている。 平地のおよそ半分が農地であり、大規模な畑作地帯となっている。市北部には流域面積日本国内6位の十勝川が流れている。明治時代に農耕馬を競走させたことから生まれた「ばんえい競馬」は、唯一帯広市で開催している 。 湯本帯広温泉は、帯広駅すぐの場所に建つホテルパコ帯広内にある温泉。豊富な湯量で美肌効果があるといわれる天然のモール温泉を楽しむことができる。大浴場の他に露天風呂・気泡風呂やサウナも完備されている。立地も良く、帯広観光の拠点として便利。

湯元帯広温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、痔疾

豊富な湯量でモール温泉が楽しめる天然温泉大浴場の他、露天風呂・気泡風呂やサウナがあり、安らぎの気分を味わうことができる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道帯広市

アクセス

  • でお越しの方

    芽室帯広ICから車で約25分

  • 電車でお越しの方

    帯広駅から徒歩約3分

このサイトをシェアされたい方はこちら