• このページをシェア

きたみおんせん北見温泉

四季折々の姿を見せる道東で至福の湯浴み

北海道を代表する4つの国立公園に四方を囲まれ、オホーツク海沿岸から石北峠まで約110㎞と、東西に長い北見市。豊かな自然と歴史的建造物が多く残ることから「道東の観光拠点都市」とも呼ばれ、四季を通じて楽 しめる観光スポットやイベントが多い。 例えば、市内を流れる常呂川沿いに広がる端野町では、日本有数の日照率の高さから夏に「太陽祭り」が行われ、秋には特産である玉ねぎをはじめとした農産品が集まる農業物産フェアが開催される。 どの季節も湯治客が楽しめる温泉地である。広々とした温泉施設で、効能豊かな温泉をかけ流しで堪能すれば、日頃の疲れもすぐに吹き飛んでしまうはず。四季折々の北海道の大自然に囲まれ過ごす、究極の癒し時間を楽しめる。

北見温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、疲労、ねんざ、冷え性、打撲

加水・加温をしていない天然温泉、100%源泉かけ流し。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道北見市

アクセス

  • でお越しの方

    丸瀬布ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    北見駅からバスで約20分(宿の送迎あり)

このサイトをシェアされたい方はこちら