知床・ウトロ温泉(しれとこ・うとろおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

オシンコシンの滝のイメージ画像  

オシンコシンの滝

壮大な景観が望める「双美の滝」

「知床八景」のひとつに数えられる名瀑。豪快な流れが途中から2つに分かれているため「双美の滝」との別名を持ち、「日本の滝百選」にも選ばれている。滝上の展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望。特に流氷の季節には、見渡す限りの白い海原に出合える。

 
  • 住所:斜里郡斜里町ウトロ高原
  • TEL:0152-22-2125
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

プユニ岬のイメージ画像  

プユニ岬

冬の訪れを知る眺望の名所

「知床八景」のひとつで、ウトロ市街地を一望する眺望の名所。展望台からはオホーツクの美しい海岸線や、晴れた日には遠く阿寒の山々までを見渡すことができる。冬、沖から近づく流氷を一番最初に見ることができるポイントとしても知られている。

 
  • 住所:斜里郡斜里町字岩尾別
  • TEL:0152-22-2125
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

フレペの滝のイメージ画像  

フレペの滝

オホーツクの海に落ち続ける「乙女の涙」

「知床八景」のひとつに数えられる名瀑。川が流れ落ちてできる滝ではなく、知床連山に降った雪や雨が地下に浸透し、垂直に切り立った約100mの断崖の割れ目から流れ落ちている。水がほろほろと涙の雫のように落ちるところから、「乙女の涙」というロマンチックな別名も。積雪期にはスキーやスノーシューなどでトレッキングもできる。

 
  • 住所:斜里郡斜里町字岩尾別
  • TEL:0152-22-2125
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

知床峠のイメージ画像  

知床峠

知床横断道路最高の人気スポット

「知床八景」のひとつで、知床連山の尾根筋にあたる標高約738mの峠。半島西岸のウトロ市街と東岸の羅臼市街を結ぶ知床横断道路の最頂部にあたる。7月下旬でも見ることができる残雪と、秋の羅臼岳の紅葉で人気の高いドライブコース。開通期間は例年4月下旬〜11月上旬。

 
  • 住所:斜里郡斜里町
  • TEL:0153-87-3360
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

知床五湖のイメージ画像  

知床五湖

神秘の森に眠る5つの湖

「知床八景」のひとつで、深い原生林に抱かれて点在する溶岩台地上の神秘的な5つの小さな湖。ひとつひとつの湖に名前はなく、第一湖〜第五湖と呼ばれる。すべての湖をめぐる所要約1時間の遊歩道も整備されており、多くの野生動物に出会いつつ、樹林や知床連山を映しながら静寂を保つ湖面を鑑賞できる。小高い丘の上の展望台からは、知床連山の大パノラマも一望。冬季の11月下旬〜4月下旬は閉鎖される。

 
  • 住所:斜里郡斜里町岩尾別 知床国立公園内
  • TEL:0152-22-2125
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

カムイワッカ湯の滝のイメージ画像  

カムイワッカ湯の滝

温泉の湯が流れる秘境の滝

「知床八景」のひとつで、硫黄山の中腹から湧出した温泉がそのまま流れ落ちている“湯の滝”。滝壷はそのまま天然の露天風呂になっている。人工的な設備は一切ないので、あらかじめ水着を着用して行くのがよい。滝に至る知床林道は、一般車両は通行禁止。夏期(7月中旬〜9月中旬)には、知床自然センター横からカムイワッカまでシャトルバスを運行している。

 
  • 住所:斜里郡斜里町岩尾別 知床国立公園内
  • TEL:0152-24-2639
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

知床観光船のイメージ画像  

知床観光船

世界遺産・知床半島西岸の断崖を巡る観光船

陸上からは直接見ることができない知床半島西岸の断崖、奇岩、原生林を海上から遊覧する観光船。現在は「おーろら」が就航。ウトロ港を出発地に、カムイワッカの滝で折り返す約1時間30分の硫黄山航路(4月下旬〜10月下旬運行)と、半島先端の知床岬まで行く約3時間45分の知床岬航路(6〜9月運行)がある。

 
  • 住所:斜里郡斜里町ウトロ東107
  • TEL:0152-24-2147
  • 駐車場:あり
  • 入場料:知床岬航路6,000円、硫黄山航路2,700円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。