鹿部温泉(しかべおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

しかべ間歇泉公園のイメージ画像  

しかべ間歇泉公園

迫力に息をのむ天然の「温泉噴水」

約100度の熱湯を5〜6分間隔で最大約15m以上も噴き上げる日本最大級の自噴間歇泉を中心とした公園で、町のシンボル。間歇泉の発見は大正13年だが、平成11年に周辺を整備し公園となった。和風石庭調の園内には気軽に利用できる足湯もあり、また間歇泉を囲んで建つ「眺望の館」からは天気の良い日には内浦湾対岸までを遠望できる。

 
  • 住所:茅部郡鹿部町字鹿部18番地の1
  • TEL:01372-7-5655
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円、小中学生200円

駒ケ岳のイメージ画像  

駒ケ岳

優美な山容を誇る道南の名山

大沼国定公園のシンボルでもある、道南を代表する美しい名山。渡島富士の異名を持ち、裾野の女性的でなだらかな稜線と、噴火の跡も生々しい山頂部(標高約1,131mの剣が峰)の鋭さが対照的なシルエットを形成している。山麓からは海と大地の雄大な眺望が望め、また高山植物のさまざまな彩りを楽しむ事もできる。1998年以来の火山活動により、現在は登山規制中。

 
  • 住所:亀田郡七飯町・森町・鹿部町
  • TEL:0138-67-2170
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

大沼のイメージ画像  

大沼

多彩な自然に恵まれた国定公園

周囲約24km、水深約13.6mの美しい景観を誇る湖。周辺の小沼や蓴菜(じゅんさい)沼、駒ケ岳とともに大沼国定公園を形成している。約30ヶ所の入り江と大小126の島が点在し、湿地帯には可憐なミズバショウが自生。島々を結ぶ18の橋や湖の周囲には遊歩道が整備されており、そのほか遊覧船での島めぐりやボート、サイクリング、釣り、ゴルフなど多くの施設がそろっている。

 
  • 住所:亀田郡七飯町字大沼町
  • TEL:0138-67-2170
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

つど〜る・プラザ・さわらのイメージ画像  

つど〜る・プラザ・さわら

新鮮な食材が味わえる風光明媚な「道の駅」

眼前に内浦湾、背後に駒ケ岳を望む国道278号沿いの「道の駅」。地元の素材を生かしたジャムや果実酒、水産加工品などをそろえた「物産館」や、自由な食材でバーベキューが楽しめる「やすらぎプラザ」など多彩な施設を完備している。360度の景色が一望できる4階建ての「展望ホール」では、晴れた日には内浦湾対岸の室蘭市街までを一望。4〜10月には鮮魚などを直売する「青空市」や、地元特産の食材を料理する「屋台村」が定期的に開催される。

 
  • 住所:茅部郡森町字砂原2丁目358-1
  • TEL:01374-8-2828
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

フラワーロードのイメージ画像  

フラワーロード

全長約4kmにおよぶ色彩豊かな北の花街道

森町砂原地区の国道278号線沿いに約4kmにわたって続く、旧砂原町民のボランティアで造られた花の道。5月から10月にかけて沿道に八重桜・マリーゴールド・サルビア・ラベンダーなどが次々に花開く。ラベンダーは町民、観光客を問わず自由に摘み取ることもできる。

 
  • 住所:茅部郡森町字砂原
  • TEL:01374-8-3111
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

大船遺跡のイメージ画像  

大船遺跡

縄文人の生活が体験できる大規模遺跡

縄文時代中期の約1,000年間にわたる大規模な集落遺跡。2006年6月までに竪穴住居96件、貯蔵穴や墓など土坑64基が発見され、出土物はのべ約18万点にもおよぶ。敷地内には遺跡や出土品を展示した埋蔵文化財展示館(開館期間4〜11月)があり、縄文土器の製作やアンギン織りなどの実体験ができるコーナーも併設されている。

 
  • 住所:函館市大船町575番地1
  • TEL:0138-21-3472
  • 駐車場:あり
  • 入場料:無料

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。