北湯沢温泉(きたゆざわおんせん)歴史秘話

北湯沢温泉の概要

清流川の川床から湧き出る名湯

支笏洞爺国立公園の中央部に湧く温泉。札幌市から伊達市までを結ぶ国道453号線沿い、支笏湖と洞爺湖の中ほどに位置する大滝村の一角にある。札幌や苫小牧、小樽、千歳からも程近く、支笏湖や洞爺湖など観光名所にもアクセス良好だ。そんな便利なロケーションを誇りながらも、大滝村には清流の長流川、三段の層をなして美しく流れ落ちる三階滝、洞爺やニセコ一帯のパノラマが堪能できるホロホロ山など、雄大な自然スポットが満載。長流川沿いにある温泉街には、9件の温泉宿が建ち並ぶ。共同浴場はないが、旅館で日帰り入浴を楽しむ事も可能だ。また、3つの宿を結ぶ無料シャトルバスも運行され、湯めぐりを満喫できる点も魅力。日常を離れて美しい自然と良湯を存分に楽しみ尽くしたい。

北湯沢温泉の情報

住所:伊達市大滝区北湯沢温泉町 立ち寄り共同浴場数:0件


周辺の宿を見る

北湯沢温泉の周辺観光地の情報

ただいまこの温泉地には投稿がございません。
温泉地の歴史秘話をご紹介します。あなたの情報もゆこゆこネットで掲載いたしますので、ぜひご投稿ください。
歴史秘話を投稿する