• このページをシェア

ゆがの湯ヶ野温泉

『伊豆の踊子』ゆかりの温泉で名作の余韻に浸る

アユ釣りの名所として知られる河津川畔に、昔ながらの温泉宿が並ぶいで湯の里。作家の川端康成が滞在し執筆活動にいそしんだ地として知られ、今なお文学の香りを色濃く残す。 川端の名作『伊豆の踊子』の舞台として登場し、抒情あふれる温泉街。また、湯ヶ野から天城に至る旧街道は別名「踊子ハイキングコース」。 道中には源頼朝ゆかりの小鍋神社や、河津川を望める町営の露天風呂などが点在している。

湯ヶ野温泉の宿一覧(0件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、婦人病、皮膚病

7つの温泉が連なる河津温泉郷のひとつ。源泉温は46~54℃で、泉質は塩化物泉。神経痛や筋肉痛、慢性婦人病に効能があり、中でも肌がツルツルになる美肌の湯として女性を中心に人気が高い。川端康成の名作『伊豆の踊子』の舞台としても知られ、踊子が入ったとされる共同湯(地元の方のみ入浴可能)や昔ながらの温泉地の趣きを今に伝える、素朴で懐かしさをたたえる湯の里だ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野

アクセス

  • でお越しの方

    沼津ICから車で約90分

  • 電車でお越しの方

    河津駅からバスで約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら