電話で予約 8:50〜21:00

わらぼおんせん

静岡県

原保温泉の温泉・旅行情報

地元の人が掘り当てた湯を温泉スタンドで

「わらぼおんせん」と読む。地元の人が共同で掘った温泉だという。かつては井伏鱒二も泊まったという風格のある旅館(後にユースホステル)が一軒あったが、閉館している。現在は、古民家の宿「彩里(いろり)」で入浴できる(宿泊者のみ)。温泉スタンドでの湯の販売を行っていて、自販機を改造した手造りのスタンドで格安でお湯を手に入れることができる。入浴施設はないので、持ち帰って家で楽しむ温泉と言えよう。観光開発が進んだ伊豆にあって、地元向けの静かな雰囲気の温泉は珍しいだろう。修善寺と天城の間にあり、狩野川の上流部に位置する。清冽な水で育ったワサビが名物。

原保温泉の特徴

源泉温度は低く、30度前後。pHは9以上のアルカリ性単純泉だ。つるつるとした手触りで、肌の角質を分解して美肌に導いてくれる。美肌成分と言われるメタケイ酸も含んでいる。中伊豆の温泉は療養に使われることが多く、温泉スタンドには神経痛や筋肉痛、アトピーなどへの効能をうたう看板が掲げられている。

泉質
単純温泉
効能
神経痛、リウマチ、肩こり、美肌

原保温泉の住所・アクセス

静岡県伊豆市原保
車でお越しの方
沼津ICから車で約70分
電車でお越しの方
修善寺駅からバスで約20分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする