電話で予約 8:50〜21:00
電話予約

まるお

鹿児島県

丸尾温泉の基本情報

  • 【丸尾温泉】与謝野晶子や斎藤茂吉も訪れた霧島温泉郷の中心地

与謝野晶子や斎藤茂吉も訪れた霧島温泉郷の中心地

霧島連峰の南中腹、鹿児島県きっての温泉群「霧島温泉郷」の中心的な温泉地。開湯は文政2年(1819年)。当初は自然湧出する温泉を利用した小さな湯治場として栄え、近隣に住む人々にのみ利用されていたという。明治中期になると、別荘ブームが巻き起こり丸尾周辺が繁栄。その経緯もあり、大正6年(1917年)にはじめて温泉旅館が営業を開始してからは、霧島連峰やえびの高原などの高原リゾートの観光拠点として重宝され、全国各地から観光客が訪れるようになった。現在は10数軒の温泉施設と飲食店などが建ち並び、合間を縫うように真っ白な湯煙が立ちのぼる。

丸尾温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

丸尾温泉の特徴

泉質は単純硫黄泉。硫黄臭がするお湯は皮膚病や傷の治癒、胃腸病、神経痛、リウマチ、糖尿病、動脈硬化など広い疾病に効能があるとされている。弱酸性の湯は肌がツルツルになる美肌の湯としても知られている。乳白色で湯の花が多い湯が特徴で、施設にある露天風呂では湯と外気が反応して色がブルーに変化する現象を見られるところもある。

泉質
硫黄泉
効能
神経痛、胃腸病

丸尾温泉の住所・アクセス

鹿児島県霧島市牧園町高千穂
車でお越しの方
栗野ICから車で約30分
電車でお越しの方
霧島神宮駅からバスで約30分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする