電話で予約 8:50〜21:00
電話予約

とのゆおんせん

鹿児島県

殿湯温泉の基本情報

  • 【殿湯温泉】「薩摩の殿湯」と呼ばれた、森に佇む温泉地

「薩摩の殿湯」と呼ばれた、森に佇む温泉地

緑の木々に囲まれた霧島の森に、ひっそりと佇む温泉地。始まりは約300年前まで遡る。1785年の霧島神宮再建工事で発見された殿湯温泉は、薩摩藩主島津吉貴公が湯治されて以来、300年もの長い年月多くの人々に愛されてきた。泉質の良さから「日本一の名湯」と折紙が付けられ、以来代々の藩主が愛用し「薩摩の殿湯」と呼ばれた。古い歴史を誇る「霧島神宮」はパワースポットとしても知られており、境内の右手には樹齢800年のご神木が立ち、新婚旅行で参拝した坂本竜馬もこのご神木と対面して感動したと、姉の乙女に送った手紙の中で伝えている。

殿湯温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

殿湯温泉の特徴

泉質は単純泉。本来は無色透明だが、湧出する途中でガスが膨張し爆発する様に吹き出すため、微かな乳白色と成分の結晶(湯の花)を多く含んだお湯となっている。源泉温度が92度と高いため温度調整の加水を行っている。神経痛・リュウマチ・腰痛・胃腸痛・切傷・女性の美容美肌に効くと言われている。

特徴
にごり(乳白色)
泉質
単純温泉
効能
神経痛、リウマチ、胃腸病、美肌

殿湯温泉の住所・アクセス

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3885番地
車でお越しの方
横川ICから車で約35分
電車でお越しの方
霧島温泉駅からタクシーで約20分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする