電話で予約 8:50〜21:00
電話予約

おのあいだ

鹿児島県

尾之間温泉の基本情報

  • 【尾之間温泉】世界遺産の島で地元住民と共に楽しむ温泉地

世界遺産の島で地元住民と共に楽しむ温泉地

世界遺産の島である屋久島の本富岳南西側山麓に位置する集落の中の温泉地、尾之間温泉。数百年前に、地元の猟師に鉄砲で撃たれた大鹿が傷を癒やした地という言い伝えがある。集落の住民によって作られた温泉地でもあり、住民の中には自宅の風呂を使わず、毎日のように尾之間温泉に訪れる人も多い。奥岳への登山道が近くにあり、足湯も用意されているため、登山の疲れを癒やしに訪れる観光客も多い。温泉の周辺で野生の動物に遭遇することも珍しくない、屋久島の大自然に日がな一日触れて、集落の人が築いたお湯の熱さを感じれば、心の癒しになるだろう。

尾之間温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

尾之間温泉の特徴

ほのかに硫黄臭が感じられる単純硫黄泉で、リウマチや神経痛、筋肉痛や皮膚病などに効果があるとされている。源泉が49度と高めで、かけ流しのお湯は少々熱いので、しっかりとかけ湯をして体を慣らしてからゆっくりと浸かると良いだろう。優しい肌触りのお湯は、季節によって変動はあるものの浴槽からあふれるほどに湧き出す豊かな湯量を保っている。

泉質
単純温泉、硫黄泉
効能
神経痛、リウマチ、疲労、婦人病、冷え性、美肌

尾之間温泉の住所・アクセス

鹿児島県熊毛郡屋久島町
車でお越しの方
屋久島宮之浦港から車で約50分
電車でお越しの方
屋久島空港からタクシーで約35分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする